三鷹市にある学習塾。大手進学塾の指導ノウハウを生かした、少数精鋭型の難関高校・大学受験指導

TEL0422-24-7911
月~金:14:00~19:00 土:13:00~19:00

卒業生&保護者の声

大学受験

■日本最高峰の京大国語と闘うのにも十分な力を培うことができた
 京都大学 文学部入学(都立国立高校卒)女子
 私が受験生活で大事にしていたことは、絶対に「なんとなく」やらない、ということ。全ての復習に意味があり、全ての演習に意味付けをした。
 また、受験で欠かせないのが信頼できる先生だ。そういう先生はいろいろなところに潜んでいる。学校・予備校、そして三鷹。私の場合受験科目それぞれについて信頼してついていくことのできる先生を見つけたのはとても大きなことだったと思うが、とりわけ自分の全体を監督してくれる存在がいると、勉強が偏ることなく、常に「日本史は大丈夫か」「英語遅れていないか」と警戒することができる。
 緒方先生が独立を決意されたことは、私の京大合格への布石だった言っても過言ではない。高2の頃大手予備校の一番上のクラスで国語を習っていた。が、やはり中3の時の緒方先生の授業が忘れられず、一般的な国語の授業にありがちな「説得される」感覚にも満足できないまま高3を迎えてしまった。そんな時、先生が独立されることを聞き、迷わず予備校をやめ、この修立学院に入塾した。どの予備校でも体験することのできないハイレベルな少人数授業の中で、日本最高峰の京大国語と闘うのにも十分な力を培うことができた。少人数だからこそ、一人一人の理解度を先生が鋭敏に察知し、アドバイスすることができる。また、ともに授業を受ける友人は、相談し合える仲間であると同時に、高いレベルで競うことのできるよきライバルとなる。この環境こそ、私にとり至上の場であった。
 緒方先生の授業は、受け身で受けてはいけない。上半身が机より前に出るくらい前のめりになって受けるべし。あとは、解説の雷に打たれてみれば、緒方先生の授業からぬけられなくなるはず。


■先生や仲間との距離感がよかった
 京都大学 総合人間学部入学(都立西高校卒)男子
 僕が修立学院に入ったのは高2の夏ごろです。緒方先生にはもともと小学6年から中学3年まで国語を教わっていた経緯があり、国語の指導のみならず、生徒の指導を第一に考えてくださる人間性にも信頼を寄せていたので迷わず入塾を決めました。 
 受験期を過ごしていて、この塾を選んで良かったと心底実感したことは、先生との距離感、そして一緒に勉強する仲間との距離の近さです。大学入試は高校入試と異なり塾に頼り切っていても成功する保証はなく、自分のわかることとわからないことを明確にして、吸収していく姿勢が不可欠だと思う一方で、やはり勝手の分からない部分を相談できる受験のプロがいつでも近くにいて自分の様子を見てくれているというのは、他塾に通う友人を見ていると、とても貴重なことだと思いました。
 僕の目指していた京都大学では、国語や英語において、文脈を正確に読み取り、文意に寄り添った論述力が求められるのですが、過去問を繰りかえし繰りかえし添削してもらい、自分の課題がどこにあるかを把握してくださる先生がいたことは、大きな力となりました。
 さらに、僕の背中を押してくれた存在が、それぞれの目標に向かって共に闘い刺激し合った仲間です。この人がここまで頑張るなら自分も負けていられない、そう思える存在が近くにたくさんいたので、僕も妥協なき努力が続けられたのだと思います。

高校受験

■目的意識を持って取り組むことの喜びを感じることができた
 筑波大学附属駒場高校入学(三鷹市立第一中学校卒)男子
 受験を終えた今、振り返ってみると、修立学院で過ごした一年半の時間は僕にとってかけがえのない財産だったと思います。これは単にテストで点数が取れるようになったとか、知識量が増えた、ということを言っているわけではありません。もちろん、こうした“結果"こそ、受験に求められることであることは確かです。しかし、本当に大事なのはそこにいたるまでの"過程"ではないでしょうか。僕は修立学院での受験勉強の過程で多くのものを得ました。
 例えば、国語では中学2年から入試における設問の分析や、論理の構造、副助詞の用法等、細かい指導が行われ、その後、入試演習などを通して、習ったことを“あたりまえ"に使う練習をしました。その過程を復習用ノートに書いていくのですが、このとき“なんとなく"は禁止でした。 “なんとなく"をなくすことで、自分のわからないところが明確になり、またそれを継続的に書き続けることで自分の成長も感じることができます。成長が身近に感じられるので勉強していて“楽しい"、“面白い"と思うことも増えるようになりました。
 また、先生には、主体性をもって取り組むことが大事だということも教わりました。ただ授業を聞く、ただ宿題をこなす勉強では多分つまらないし、苦痛だと思います。しかし、先生の授業は、自分でもっと努力したいと思わせるような工夫に満ちていて、努力次第でいくらでも実力をつけることができる"深い"授業でした。
 僕の場合、主体性を持って学習できるように、ノートに目標や反省、課題などの自己分析を大量に書いていました。書くことでモチベーションを維持していたのだと思います。 こうした学習の結果、自分で目標を設定する力、失敗を次につなげる力が身に付き、目的意識を持って何かに取り組むことの喜びを感じることもできました。
 高校受験という一つの試練に対して、ただの受験対策、点を獲るためだけの勉強にとどまらず、これから先のことまで見据えた“生きた勉強”ができたのは良かったと思います。
 自分で決めた目標に対して、自分の力で立ち向かうことができる人に成長させてくれた先生方には感謝しています。ありがとうございました。


■中学の時に習っていたことが自分の大きな武器になっていると痛感
 都立国立高校入学(立川市第九中学校卒)男子
 緒方先生には、私が中学校の時に出会いました。高校受験の指導をしていただき、都立国立高校に入学することが出来ました。今、修立学院で英語と国語を学びつつ大学受験をしていて、中学の時に習っていたことが自分の大きな武器になっていると痛感します。
 たとえば、国語では中学時代、文章や設問を意識的に捉える訓練を基礎的なものとして行っていました。自分では思いも寄らなかったけれど、論理的に考えたら確かにそのとおりだと、思わずうなってしまうような解き方に魅せられ、自分もそういうふうに問題を解きたいといつも夢中になっていました。数学では、ひたすら覚えた公式も、図形の捉え方の本質をうがったものであることに今さらながらに気づかされます。
 思えば相当なことをやっていたんだなあと思いますが、そうした経験が今、大学受験の資本となっていると感じています。

保護者の声

■子どもの心をつかんで、目標に向かって意識を高めていくような意識改革で乗り越えられた
 修立学院では、的確な指導により学力を向上させていただいただけでなく、学ぶ根本の姿勢についても導いていただきました。
息子は中1から別の塾に通っておりました。一定の学力はつけていたものの、なんとなく通っているだけで、親が思うような結果に結びついていない状況が続いていました。「こんなものか」と思う反面、このままでは受験が心配で、中学3年生になってから知人の紹介を頼って修立学院の説明会に参加させていただきました。意識や行動が変わるために、まずは高い目標を持つこと、そこのところから指導を始めたいとのお話を伺い、この塾に任せてみようと決心しました。すると、まず、授業の面白さに子どもの目つきが変わり、とかくさぼりがちだった宿題もやっていくようになりました。夏期講習会に入ると受験生という意識をもって勉強に取り組んでいる姿に変わり、偏差値が上がるにつれて結果にこだわる発言も聞かれるようになりました。子どもの心をつかんで、目標に向かって意識を高めていくような意識改革をしていただいたからだと思います。受験という、ともすると人間関係がぎくしゃくしてしまう時期を、先生方や仲間との時に厳しく時に温かい環境の中で、高い意識をもって乗り越えられたことを親として大変嬉しく思います。
 受験後、「中1から修立だったらよかったなあ」と息子がもらしていたこともあり、下の息子は中1から修立学院にお世話になっております。一歩一歩、地に足をつけて学んでいる姿に、成長を実感する日々です。

修立学院の概要

○修立学院
○創設 2011年5月
○【所在地】181-0013
 東京都三鷹市下連雀3-32-19
 コスモ三鷹中央通り2階
     
○【TEL】0422-24-7911
○【FAX】0422-24-7912
○【受付時間】
 月~金 14:00~19:00
 土   13:00~19:00

↑ PAGE TOP